写真 GALLERY

ARCHIVES
TAGS
年?
近頃やたらとしょっぱいものが食べたくなります。
あまじょっぱい、というか塩辛いものを。
今日も夕飯を食べ終わってから、なぜか
しょっぱいものを食べたくなり、お茶を片手に
実家特製の梅干しをちまちまと食べているさいちゅうでございます。

この実家特製の梅干しというのは、とにかくしょっぱくて
すーーーっぱい!!
たくさん汗をかいた夏の暑い日にものすごく食べたくなります。

そういえば、おばあちゃま方は、おやつに漬け物という
小さな頃は理解しがたい行動をしていたっけ。。。
それを今まさに行動で示している私は、
少し年とってきたのかなぁ。。。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
気仙沼ホルモンに感動。
レバ刺しを食べたいから焼き肉屋に行く。というのが一時期マイブームでした。
そして、焼いて食べる肉はホルモンや内蔵系がほとんど。
カルビは頼んでくれる友達がいれば便乗する。
というくらい。
それは今でもかわらずです。

そして、究極のホルモン焼きに出会いました。
それが「気仙沼ホルモン」。
お店によって様々ですが、定義としては味噌味ベースのホルモンを
焼いて、ウスターソースをかけたキャベツの千切りと一緒に
食べる。という至ってシンプルなのもの。
キャベツの千切りがごはん代わりになる。とうイメージです。

気仙沼の街にいくつかお店があるのですが、どのお店も個性に
溢れていて、はしごしてもおもしろいかも。
味付けや、焼き方(備長炭やテッパンなどお店によって異なります)に
それぞれこだわりがあるようで
次に行くお店が楽しみになるほど、
ホルモン好きの期待を裏切りません。

個人的にはたっぷりすぎる程のニンニクにがっちりつかった
パンチの効いたホルモンが本当に美味しかった〜〜。

あ〜〜また行きたいな〜〜〜♪

海幸のイメージが強い気仙沼ですが、これは新たな観光資源となる!
と、発見が多い一日でした。

すごく身内な話ですが、気仙沼のゆるキャラ「ほやぼーや」の隣に
いつか「艶子」がならんでくれることを期待しております。
しかもB案で。
あー艶子。いつハレの日がきてもいいように、準備していてね。




固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ひとり暮らしで困ること。
突然の通り雨とともに、やってきたのです。恐怖の「アレ」が。

雨にぬれないように、と洗濯モノをとりこむと、窓から
黒くで大きな、ゴキブ、、、
では、ありません。

「ガ」です。
モスラです。

割と小さな虫でも、家の中に入ってくると、もうだめです。
百歩譲って共存しよう。という考えになります。

ところが、今回は一緒に暮らそうという気にもなれないくらいの
大きさ、色、ガラ。。。あーーもう思い出すだけでも嫌です。

しばらくの格闘の末、もうだめだ、、、とお風呂場に隠れ(私が)、
近所の友人にヘルプ!

「割と小さいやん」と言いながら、ものの2分で、
バシバシ追い払ってくれました。

あなた、そんな小柄なナリしてひとりで生きていく
勇気と知恵は人一倍強いわね。

割とひとりでもやっていけそうという風に見られがちの
私ですが、特別器用でもなく、バリバリのキャリアウーマンでもなく、
ただものすごく、マイペースなのです。
ところが、こんな夜は、「もうひとり暮らしは嫌だ・・・」と
ぐったりしました。

どうですかね、このギャップ。




固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
特製トマトチキンカレー。
冗談抜きに、夏の体はカレーを欲していると思います。

真夏にはまだ一歩及ばずの季節ですが、昨日は私、
とてつもなくカレー日和だったのです。
そして私、特製カレーを作りましたの。

このカレーは、下ごしらえが重要で、鶏肉のもも肉に、ショウガ、ニンニクの
すりおろしとヨーグルト、(あったので)パイナップルの果肉すりおろし少々を
加え半日ほどつけ込みます。
※ものすごく鶏肉が柔らかくなる!

ホールトマトで煮込んだ野菜に少しだけグリルした鶏肉をドバっ。
その後カレー粉をいれてぐつぐつ。。。

仕上げに塩こしょうや、ウスターソース(少しだけ)、砂糖など、を加え出来上がり。

本当はローリエとかガラムマサラとか香辛料も加えたかったのですが
そこは、「冷蔵庫にあるもので」がお得意の女子。
できる限りの力で美味しい料理を作るのもまた、楽しかったりして。
料理は創作ですな。

この夏はもっともっとオリジナルカレーレシピを増やそう。

写真はゲットした大大大ファンの村上春樹、新作とともに。今日から春樹づけです。






村上はるきとカレー.jpg
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
雨とサッカーとバレーボール。
先日の土曜日、機会があってスポーツの撮影に行ってきました。
種目は中学生のサッカーとバレーボール。
当日、外は雨だし、体育館は暗いし、と思いながらも
感覚をつかむためにもパシャパシャとシャッターをきる。
ファインダーごしに見る若者たちは一心不乱にボールを追いかけていて
すごくキラキラしてたーー。

スポーツっていいわ。

特に雨の中、どろんこになりながらサッカーを続ける男子たちなんて、
切なくもあり、そしてとてもかっこ良く、愛らしく思えたのです。
悪条件の中の一生懸命さは、数倍もすてきにかがやかせるのだな。。
ずるいわー。
なんておばさん的発想ですが、、、。

でもきっと本人たちも、後にとてもいい思い出と経験になるのだろうな。

さらにその一幕をドラマチックに仕立てたのは
応援席を陣取るお母様たちのすてきな声援。
母にとって息子は一生こどもであり、アイドルなのかも。

いや、いいのです。これがまた。

スポーツしたい。観戦も含めて。
あの若者の姿のような感動には到底叶わないだろうけど。
なんと言っても純粋そのものですから。








固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する